浮気調査の依頼後はどうするか

探偵事務所に浮気調査を依頼した後はどのようにすればよいのか?

初めて浮気調査を依頼した場合、調査当日などはそわそわしたり非常に落ち着かない気分になるのではないでしょうか。

単刀直入に言えば、いったん依頼してしまったら、調査を終えるまでは探偵事務所に全てを任せる気持ちでいてください。普段と変わりない以前の通りの生活を送ることです。また、探偵事務所との契約書や連絡先・資料など、探偵事務所との関わりがわかってしまうものは絶対に見られないようにしてください。

それと同時に、前述の話と矛盾するようで非常に難しいこととも思いますが、自然な会話や家の中での本人の行動から、浮気に関係するヒントを見つけたり引き出したり、怪しい日にパターンがないかなどをチェックしておきましょう。

但し、あくまで自然に聞ける場合に限り、あまりに不自然な会話になる場合や疑われてしまいそうな場合は無理をしない方がよろしいです。

最もしてはならないことは、調査が気になるからといって、調査現場に顔を出したり、現場周辺に様子を見に行ったりすることです。本人がごく身近に知っている人は、視界に入ればかなりの確率で気付かれてしまうと考えるべきです。

もし気付かれてしまい、普通ならいるはずのない場所にご自身がいてしまっては、特に浮気をしている場合は本人に周辺を警戒されて尾行や張り込みがやりづらくなってしまいます。

さらに「探偵事務所に調査を依頼したことを本人に言ってしまうこと」も、もちろんNGです。個々人の性格にもよりますが、調査の報告を聞いた後や、本人と口論になった流れの中などで非常に感情的になってしまい、「探偵をつけて調べているから」「全部わかっている」などと言ってしまう方がいるのです。そんなことを言われたら誰でも「尾行されたのではないか」と考えてしまいます。

また、配偶者本人ではなくとも、浮気相手の住んでいる場所がわかった場合にそちらに連絡を取ったり押しかけたりしてしまう方もいます。そうなると尾行・張り込みを警戒されてしまい、その後の調査を継続することは極めて困難になるでしょう。いったん浮気調査を依頼した後は探偵事務所に全てを任せる気持ちで、というのはこういった理由からです。

これらは全て、依頼者の方が感情的になってしまい、自身を抑えることができなかった場合に起こります。もちろん気持ちはわかりますが、調査が全て終わるまでは、自身の冷静さを保ったり我慢をすることというのが意外と重要になってくるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする