車輌尾行の難しさ

素行調査において対象者が車を使用した際の追跡尾行には難しさがあります。徒歩における尾行以上に距離間がかなり重要になります。

何しろ徒歩尾行とは違い、今度はバックミラーという常に後ろを見れる目を持っているのですから更に難しくなってきます。又、信号機や交差点など先を読みながら、詰めたり離したりの運転技術は一朝一夕では到底習得できません。

更に車では対象者の行動範囲が極端に広がります。もちろん対象者の自宅や勤務先などの周辺詳細地理の掌握はその担当になった時からは必至ですし、たとえその現場担当でなくてもいつ交代要員として現場に行くかも分かりませんので常に全ての依頼案件は把握していなければなりません。

また機敏さと素早い判断能力が必要です。やはり経験がものを言う世界ですが適正もあると思います。運転技術の高いタクシーの運転手さんも時には協力してくれて強引な運転をしてくれる人もいますが殆どの人が安全運転です。

歩きの対象者がタクシーに乗った場合、こちらもタクシーを拾って追跡するのですが信号機に引っかかったりとなかなかうまくいきません。短距離ならまだしも長距離を走られるとすぐ後ろをずっと付いてくるタクシーが対象者の乗った運転手に気付かれ、突然、後部座席の対象者が振り向くという事もあります。

多分、運転手が気付き、対象者に「後続のタクシーはお友達ですか」「尾行されているみたいなのですが」などと話したのかもしれません。こうなると警戒されたり、最悪、調査自体がばれてしまいます。

現在、GPS発信器により車の尾行調査も一段と飛躍しましたがあくまでもフォローするだけのもので、GPSのみでは素行調査の最大の目的である対象者の行動を裁判資料として提出できる程の結果を得る事はなかなか出来ません。

やはり見逃さないように、察知されないように尾行していき、何時、どこに行き、誰と、何をして、そしてどうなったのかを細かく把握することが素行調査の重要課題であり、最終目的なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする