浮気調査の事前の準備

浮気調査で用意するもの

探偵事務所に浮気調査を依頼する際、初めての方はどのように相談・依頼をすればよいかわからないのではないかと思います。

とりあえず探偵事務所をピックアップすることも重要ですが、いきなり相談したり依頼したりするよりも、それ以前に多少の準備をしてから相談に臨んだ方がよろしいです。

顔写真

まず、浮気調査では基本的に「顔写真」が必要になります。調査員が対象者を尾行するためには、対象者を確定する材料が必要になるからです。また、知らない人物の5年も10年も前の写真を見て、現在の対象者本人を特定するのはプロの調査員でもけっこう難しいので、調査の成功率を高めるためにできるだけ最近の写真(複数枚)を準備しましょう。

個人データ

その次に対象者となる自らの配偶者の個人データをまとめておきましょう。

具体的には氏名・生年月日・住所はもちろん、勤務先会社名・勤務先住所、使用する車両の車種・ナンバー、移動手段、身体的特徴などです。

さらに、本人の出勤・退勤(定時)の時間、出勤退勤の移動手段・経路、専業主婦なら基本的な生活パターンの情報などもあったほうがよろしいです。

これらは調査の開始場所・開始時間を設定するのに役立ちます。

ちなみに調査開始場所・時間は、できるだけ確実に本人がいる場所・時間に設定するべきであり、浮気調査をする上で該当する候補をピックアップしておいた方がよろしいでしょう。

疑ったきっかけや調査をする理由

次にご自身が浮気を知った(疑った)きっかけを思い返してまとめておきましょう。何かしら浮気相手や疑わしい相手の情報があれば浮気調査にも役に立ちますし、怪しい日に見当を付けられれば、調査を依頼する日も絞れてきます。

さらに、浮気調査を相談するに至った理由を考えてみましょう。ご自身が浮気調査を行うことによってどうしたいのか?ということを再確認してみることです。具体的には、浮気をしているかどうかを知りたいだけ、浮気の証拠を取って離婚したい、浮気相手のことも調べて慰謝料を請求したい、などの理由があると思います。

予算を設定

最後に浮気調査に費やす(費やせる)予算を設定しておくことです。浮気調査は最低でも2〜3日は調査を行うものです。そう考えると、予算を大きく超えるような料金帯の探偵事務所には相談するだけ無駄になります。予算に合致する探偵事務所をできるだけ選びましょう。

上記のようなことは探偵事務所の相談担当者にご自身の状況を理解させる手助けになります。これらを事前に準備をしておくだけで、探偵事務所選びや実際の浮気調査の結果がずいぶんと違ってくるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする