探偵トラブルを避けるには

リスク説明がないのは探偵トラブルの原因

探偵にある種の悩みやトラブルを相談し、解決手段をアドバイスされ調査の実施をすすめられる。

探偵事務所や興信所に相談を行えば上記の流れで調査を勧められる事が殆どといえるだろう。

しかし、ここで安易に調査を依頼する事が如何に「リスクが高い」判断であるか相談者には理解できない。

当然ながら「実施する調査に関わるリスク」を事前に説明し「御依頼者が納得し調査は実施」されるべきである。

御依頼者が想定する調査結果はその殆どが「問題なく無くスムーズ」に調査が進行した場合であり、探偵が実際に現場で行う調査はいくつものハードルをクリアーして得る結果が殆どである。必然的に現場で遭遇するリスクは想定内の事であり「有言実行」で調査結果を出せる探偵は優秀であるといえる。

探偵の業務に限らず「業務進行には思いがけないトラブル」がつきものである。

別の職業で例えるならば料亭が大宴会の予約を得たが、宴会前日と当日の海が荒れて「新鮮な魚貝」が入手出来ない状況なども「想定内のトラブル」と言える。

想定内のトラブルを理由に「宴会を料亭側が断る」行為はありえないだろう。

探偵業務も同様に「想定内のトラブル」は事前説明で依頼者に告げて調査を実施する。有言実行で優良・信頼のおける業務は、このような基本的な気配りでトラブルとしないのである。

殆どの調査が実施されれば「何万円から何十万円の調査費用」を必要とし調査手段が的を得ていない場合は「満足な調査結果」が得られない。

調査結果に満足できない状況にもかかわらず「調査費用は発生」し請求される。

探偵と依頼人のトラブルの殆どがこうした「リスク説明のない探偵が勧める調査」によって発生している。探偵を長年職業としている人物が「調査結果に関するリスク」を知らない訳が無いのである。

こうした悪意のある調査を勧める探偵や興信所との相談を行ってしまった場合を考慮し「相談時に即契約」は避けるべき判断が望ましく、出来ることならば「数軒の探偵や興信所に相談」し対応が良く調査方法も納得でき、必要となる調査予算の範囲内でお望みの調査が実施できる事がベストな選択である。

探偵が想定する調査

探偵や興信所が想定する調査は「スムーズに調査が進行した場合」が想定である。

もし、探偵や興信所の無料相談で「実施したい調査」について「見積」を行ったならば上記の想定が前提にある事を認識していただきたい。

どのような職業でも「概算見積」は想定の金額であり「実質発生する請求額」とは異なる。

特に探偵が行う業務は「結果が出るまで調査を実施」するケースが殆どであり、あくまで「探偵の想定による概算見積」の範囲でしかないのが現状といえる。ここで発生する「費用の認識」違いがトラブルの原因になりうるのである。

依頼した探偵の腕が悪く要領を得ない調査を繰り返すならば「即時、調査を終了」し新たな探偵を捜し問題を解決する事が選択として理にかなっているのである。決して「既に調査費用を費やしたから」などの考えから調査延長をずるずる行うことはおすすめ出来ない判断なのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする