浮気の証拠とは?

浮気の証拠としてベストなものはやはりラブホテルへ入る時、出て来る時の写真です

しかも入った時間、出た時間を押さえる事も必要です。

更には配偶者や恋人と浮気相手がいつ、どこで待ち合わせをして、どのような行動をしてからラブホテルに入ったものかも証明すれば最高の証拠となります。

写真や映像が無かったとなるといくら探偵がラブホテルに入ったと証言しても弱いものになってしまいます。

またラブホテルの立地条件によっても異なりますのでやはりその前後の写真も必要となってきます。

依頼人ご自身や友人がラブホテルにはいるのを見ただけでは証拠にも全くならず、仮に写真を撮ったとしても出てきたところだけでは「冗談で入ったけれどすぐに出てきたもので不貞行為はしていない。」と言われればそれを立証するものがないのです。

ですから浮気の不審がある場合はプロの探偵に依頼されるのです。

浮気の継続性

現在、浮気における離婚調停や離婚裁判において浮気調査によって1回、浮気の事実を掴んだとしても離婚の事由になるとは言い切れません。

世間的に浮気自体が多くなったせいもあるのかもしれませんが、離婚調停や離婚裁判などの司法関係では1回だけの浮気の事実確認については「極力許して夫婦でよく話し合いをしなさい」と諭される事が多くなってきており、一度の浮気確認では離婚が厳しくなってきています。

司法関係においては一度の浮気の事実では無く、浮気の継続性を重んじる傾向が見られてきています。

本気で離婚を考える依頼者には「継続性を考慮した調査」の必要性を理解してもらうことです。

一度の浮気の事実を掴んだだけで相手に調査した事を伝えてしまうとその後の浮気調査の継続に支障をきたす事にもなりかねますので充分な配慮が必要です。

シェアする

フォローする