依頼者とのトラブルを避けるには

リスク説明がないのは探偵トラブルの原因

探偵にある種の悩みやトラブルを相談すると、解決手段をアドバイスされ調査の実施をすすめられます。

探偵事務所や興信所に相談を行えば上記の流れで調査を勧められる事が殆どといえるでしょう。

しかし、ここで安易に調査を依頼する事が如何に「リスクが高い」判断であるか相談者には理解できません。

当然ながら、実施する調査に関わるリスクを事前に説明し、依頼者が納得した調査が実施されるべきなのです。

依頼者が想定する調査結果は何の問題なく無くスムーズに調査が進行したケースであり、探偵が実際に現場で行う調査はいくつものハードルをクリアして得る結果がほとんど…。

トラブル

探偵の業務に限らず、業務進行には「思いがけないトラブル」がつきものです。

別の職業で例えるならば、料亭が大宴会の予約を得たが、宴会前日と当日の海が荒れて「新鮮な魚貝」が入手出来ない状況なども「想定内のトラブル」と言えます。

想定内のトラブルを理由に宴会を料亭側が断る行為はありえないでしょう。

探偵業務も同様に「想定内のトラブル」は事前説明で依頼者に告げて調査を実施する。有言実行で優良・信頼のおける業務は、このような基本的な気配りでトラブルとならないようにするのです。

殆どの調査が実施されれば「何万円から何十万円の調査費用」を必要としますが、調査手段が的を得ていない場合は満足な調査結果など得られません。

依頼者が調査結果に満足できない状況にもかかわらず、調査費用は発生し請求されます。

探偵と依頼者のトラブルの多くがこうした「リスク説明のない探偵が勧める調査」によって発生している可能性が高いです。

探偵を長年職業としている人物が調査結果に関するリスクを知らない訳が無いのです。

探偵の費用見積もりについて

どのような職業でも「概算見積」は想定の金額であり「実質発生する請求額」とは異なります。

特に探偵が行う業務は結果が出るまで調査を実施するケースが殆どであり、あくまで探偵の想定による概算見積の範囲でしかないのが現状といえます。

ここで発生する費用の認識違いがトラブルの原因になりうるのです。

依頼者に無駄に費用をかけさせる結果となり「事前見積よりずいぶん高額になった」と依頼者から抗議されないよう、要領を得ない調査を繰り返す腕の悪い探偵とならないよう気を付けてください。

シェアする

フォローする